山口釣り歩き鯛

様々な魚を使った料理

海で釣れる様々な魚たち

familyなものから珍しいものまで
ひろじぃが釣りの対象としている
以外の釣れた魚の料理を
紹介します

刺身・焼き物

煮物・揚げ物

イサキ
イサキ

スズキ
スズキ

ボラ
ボラ

ウマズラハギ
ウマズラハギ

釣魚料理TOP

こちらでも食べ方解ります

その他、釣れた魚を食べよう編

スズキ(フッコ)のアライ
歯ごたえがしっかりしていて、あっさり味

スズキは沿岸部の河口や、波止、磯周りで釣れるポピュラーな魚
白身で癖がなく、あっさりとした後味の魚で、ムニエルなどが最高
けれども、5枚におろして氷水で締め、薄くスライスして食べるアライも
捨てたものでは有りません
氷水で締めるときは、表面が少し白くなりチリチリした感じになるまで
しっかりと冷やすことが肝心です
時間を惜しむなら、薄切りした物を氷水に入れれば、早く仕上がります
短冊切りにしたアサツキ等を巻いてポン酢で食べる
最高の酒の肴になります。もちろん惣菜としても良しです
スズキのアライ
コブダイの刺身
白身で淡白、食感はもっちり

コブダイは、若魚の内はベラに良く似た魚ですが、成魚になると
その名の通り、頭に大きなコブが出現します
皮と身の間や、そのコブはプルプルの脂(コラーゲン?)が沢山
その脂がとても美味しく、鍋には最高の具材ではないかと思います
その皮の美味しさを楽しむには、焼き切りの方が良いかもしれません
ムニエルなどにしても良いでしょう
コブダイの刺身
バリ(アイゴ)の炙り
嫌われ者のバリも、ほんのり甘くて美味しい

磯釣りで、その強い引き味を楽しませてくれるバリも、釣りあげると?
各鰭の棘に毒が有り、刺されると激痛、そしてとても磯臭い
そんな理由で、嫌われ者になっています
けれども毒棘を始末し、臭い内臓と皮を処分すれば、淡いピンクの身は
あっさりしているがほんのり甘みが有りとても美味しい
皮を剥いだ後に残る薄皮をバーナーで炙って香ばしくして刺身に
バリ(アイゴ)の炙り
ウマズラハギの薄造り
フグにも劣らないコクと旨み、そして歯触りの良さ


カワハギやウマズラハギなどは、市場で安く手に入る魚です
けれども、その食感とコクのある旨みは、高級魚フグに引けを取りません
特に秋から冬にかけて脂が乗って大きくなる肝は、絶品です
歯応えがしっかりしているので、薄造りにして頂いた方が良いでしょう
又、肝はさっと熱湯に潜らし醤油に溶いて、刺身と一緒に食べると
刺身の旨さが倍増します
フグ刺しだと言って出しても、余程の人でない限り信じてしまうかも
ウマズラハギの薄造り
イサキの塩焼き
夏が旬のイサキ、中型なら塩焼き


イサキは、40cmを超える大型になるには、5年ぐらいかかるとか
若魚の間は側線に沿って黄褐色の縞が走り大型になると縞が消えます

大型なら刺身が1番だと思いますが、30cm位までは塩焼きが良いかな
身は少し柔らかく、焼くとホックりとした感じに仕上がります
イサキの塩焼き
inserted by FC2 system