萩市沖 相島の釣り場
相島は、萩市の沖合14km程の日本海の中に有る有人島で、スイカやサツマイモが知られています
島は火山灰台地で出来ていますが周囲は硬い岩盤で守られ、岩礁帯が多く、磯釣り師には魅力的な島です
島の周辺の海域は、暖流が流れ海底も複雑な岩礁帯で、生息する魚の種類は豊富

相島の磯には、萩商港(浜崎港)から、瀬渡し船が出ており、30分〜40分ほどで行けます
また、萩商港から連絡船で相島に行き、相島港から瀬渡ししてもらう方法も有りますが、時間に制約されます
釣り人のターゲットは、グレ(口太、尾長)、青物(ヒラマサ、ブリ)、真鯛が主体です
チヌや石鯛、スズキ、イサキなども釣れますが、それをターゲットとして考えている人は少ないようです
赤文字磯名をクリックで磯の写真及び簡単な解説があります

inserted by FC2 system