山口釣り歩き鯛

鯵・鯖を使った料理

刺身・お造り

焼き物・揚げ物

煮物・汁物

その他



釣魚料理TOP

こちらでも食べ方解ります

お刺身・お造り編

アジのタタキなめろう風
アジのタタキをナメロウ風に味噌で味付けしました

頭と尾が着いたまま3枚に下ろし、中骨は水洗いしておきます
腹骨を削ぐように包丁を入れ取り除いたあと、皮を剥ぎ取ります
細く(5mm位)短冊切りにして、刻み葱、刻み生姜とさっと混ぜあわせ
練り味噌(西京味噌の作り方参照)に砂糖を加えたものと和えます
お頭の付いた中骨の上に、和えたタタキを盛り付けます
なめろうの様に細かく刻んでないので、魚のプリプリ感が有り美味しいです
アジのタタキなめろう風
〆サバ
新鮮なサバを酢で〆て美味しく

鯖は青魚の中でも特に鮮度が落ちるのが早い魚です
刺身で食べるには一寸不安がという場合は、迷わず酢〆です
〆サバにすることで、冷蔵庫で1週間程度保存できます
軽く酢漬けした物は、脂の強さがが和らぎさっぱりした物に
しっかり漬け込んだものは、身が締まり独特の旨さを醸し出します
〆サバ
アジの握り寿司
脂の乗ったアジの握り寿司は格別

瀬戸内や萩方面では、良くゼンゴ付近が金色に輝くアジが釣れます
瀬付きアジといって、回遊しないで瀬に居付いているアジです
同じ真アジでも、少し体高が高く脂が乗っていて、とても美味しいアジ
萩では、瀬付きアジのブランド名で人気が有ります
そんなアジは、やはりこれが1番、アジの握り寿司
20cm前後の小振りのアジを3枚におろし、そのまま握りましょう
アジの握り寿司
サバの押し寿司
〆サバを作ったら、これも作ってみましょう

押し寿司用の箱型がなくとも簡単に作れます
利用するものは四角いタッパや弁当箱など
酢飯は、少し甘みを抑えたものを作ります
(米3カップに対し、酢 大4:砂糖 大3:塩 小1)
弁当箱等の底に〆サバを隙間なく並べ、酢飯を入れます
ヘラや杓文字で酢飯をしっかり押さえこみ、厚さ3cm位にします
暫く馴染ませ、箱を返して水でぬらした包丁で切り分けます
サバの押し寿司
inserted by FC2 system